トップページ * ポリフェノール * ヘアケア * ニキビケア * 界面活性剤 * サイトマップ

ipsコスメティックスの成分の大切さ

洗顔せっけんの上手な使い方

banner

IPSコスメティックスが販売するコンディショニングバーは、ブラックの色合いが落ち着いた雰囲気を醸し出す上質な枠練り洗顔石鹼です。

ホイップクリームのような弾力のある、非常にきめ細かな泡が作れるのが特徴ですが、手のひらを濡らしてお湯を加えながら泡立てるというのは意外と難しいものです。

そのため、IPSコスメティックスのコンディショニングバーを上手に使うためには
泡立てネットが必要ということになります。

泡立てネットを使うことにより少量の洗顔料でもこもこの泡ができますので、
酸化した皮脂や古くなった角質、さらにはメイク汚れもしっかり包み込んで
洗い流してくれるコンディショニングバーには、まさに必需品と言えます。

必需品

IPSコスメティックスの公式サイトには、手を顔を濡らしてよく泡立て、
顔全体を泡で包み込むようにして洗うと書かれています。

もしかすると、手のひらで泡立てるだけでもかなり作れるようになっているのかも
しれませんが、これがネットを使うとさらにびっくりの量になりますので、試してみる価値ありです。

ネットの使い方としては、軽く濡らした状態で洗顔料をネットの表と裏に軽くこすりつけ、
少量ずつお湯を加えながらネットを手のひらで包むようにして揉んでいくのが一番使いやすいでしょう。

どんどん泡が出てきますが、この時に注意しないといけないのが、泡立ちがよすぎると
手のひらから零れ落ちてしまう可能性が高いことです。

そのため、ある程度塊が大きくなってきたらとりあえずは手のひら全体に取り、顔に載せてしまう方法もおすすめです。

さらにお湯を加えてまだ泡立てられるようであれば、さらに増やしていきます。
最終的に手のひら一杯の泡ができたらそれで顔を包むようにすると、
すでに載せていた泡と相まって、手のひらが顔に触れることがないくらいの
泡クッションで洗顔でき、しっかり汚れを吸着してくれます。

コンディショニングバーは、この使い方が一番のおすすめです。

石鹸の使い方

トリートメント枝毛オーガニック髪の毛先化粧石鹸空気清浄機

Copyright(c) 2013-2018 cosme-labo Inc. All Rights Reserved.